作業員

危険な蜂は早急に駆除~被害を起こす害虫ガイド~

近年の需要と生態

作業員

需要の高まり

近年蜂の駆除の需要が高まっています。その理由は蜂の仲間、特にスズメバチの行動が活発であり、人間との接触が増えると共に、被害の件数も増えているためです。蜂の仲間は概ね温暖な気候を好みます。特にスズメバチなどは冬の間女王蜂単体で越冬して、暖かくなると一匹で巣を作り数を増やしていき、寒くなると女王蜂以外は死滅してまた一匹で越冬する、という事を繰り返します。つまり暖かい期間が長ければ、相対的に活動期間が長くなり、その分巣も成長しますし数も増えやすくなるのです。キイロスズメバチなどは人家でもお構いなしに巣を作るので、数が増えればその分こうした被害も増えるというわけです。実際には天候なども大きく影響するのですが、市街地でも多くのスズメバチの巣が存在しており、駆除の依頼も増加傾向にあります。

生態

蜂の仲間と言っても危険な種類ばかりではありません。ミツバチやアシナガバチなどは比較的おとなしく、滅多に刺されることはありません。むしろ必要以上に怖がって、近づいてきた蜂を振り払うなどして、それが逆に刺激になって刺されるという事例が多く存在しており、正しい知識を知っている必要があります。単体で飛行している蜂であれば、先述のミツバチやアシナガバチはもちろんたとえスズメバチであってもいきなり刺されるという事は少ないです。花の蜜や樹液を吸っていたり、虫などの餌を食べている場合にはそっとしておけば問題ありません。巣が自宅に作られた場合、アシナガバチであれば手の届かないような場所や人が近づかないような場所であれば無理に駆除しなくてもあまり心配はないでしょう。ただ人が近づく場所であれば刺される危険があるので駆除しましょう。スズメバチの場合には単体なら平気でも巣の側であれば、ちょっとの事でも刺される危険があります。巣があるのを見かけたら被害が出る前に、すぐに業者などに依頼して駆除する必要があります。