男性女性

危険な蜂は早急に駆除~被害を起こす害虫ガイド~

危険に対抗する術

男性スタッフ

温暖化などによって蜂の活動期間がのびていることから、蜂駆除専用の殺虫剤の人気が高まっています。巣の駆除作業などで着用する防護服はスズメバチの強力な針に対抗するように丈夫に作られています。また白色をしているのはスズメバチが黒色を狙って攻撃するという習性を逆手にとったものです。

詳しくはこちら

対処法とその危険性

作業員男性

その危険性

誰でも知っていることだと思いますが蜂は毒を持っており危険です。しかし実は、人を毒針で刺す恐れがあるのは細腰亜目の雌のみで、その中でも危険なのが集団行動をし、民家などに巣を作る恐れのあるスズメバチやアシナガバチ、ミツバチなどです。そして、その中でも最も危険なのが、スズメバチです。スズメバチの性質は非常に攻撃的で、凶暴なため、人間を襲う確率が一番高く、危険度も飛び抜けて高いです。日本には16種類ものスズメバチが生息しており、蜂による被害件数は、スズメバチが最も多いです。また、スズメバチは民家に巣を作ることも多く、危険なため自分で駆除することはできないので、専門のプロに駆除の依頼が来ることも多いようです。

見つけた場合の対処法

家の近くにたくさん蜂が行き来していることで巣の存在に気がついたりして、自分で駆除してしまおうとする人もいるかもしれませんが、それは危険です。その蜂の巣がスズメバチのものでない場合や、小さなものであった場合は自分で駆除することも可能だと思いますが、巣が大きかった場合や凶暴なスズメバチの巣であった場合は、絶対に自分で駆除はしないで、きるだけ巣に近づかないようにすることが大切です。もしも近づいたり下手に触ったりした場合、敵だと認識され攻撃される恐れがあるので非常に危険です。そういう時は速やかにプロの業者の方に依頼して、駆除をお願いするようにしてください。蜂駆除の業者は多数ありますので、業者ごとの特徴を確認して、駆除プランを比較検討しましょう。比較することで、自分の要望とマッチする駆除業者が見つかるはずです。駆除業者の情報は、インターネットの検索サイトや駆除業者のHPなどから収集可能です。

近年の需要と生態

作業員

近年蜂の駆除の需要が高まっています。温暖化などによってスズメバチの活動期間が長くなっているためで、相対的に被害も増えています。蜂の仲間でもアシナガバチやミツバチなどは比較的おとなしく、下手に刺激しなければ刺されません。ただスズメバチの場合は巣の側に近寄るだけでも刺される危険があります。

詳しくはこちら

家を守ろう

はち

厄介な蜂の巣は、手当たり次第に攻撃していいものではありません。蜂の習性を知り、ホームセンターでは店員さん、ネット通販であればメールなどを利用して、駆除についてアドバイスをもらいながら行うようにするか、怖い時は無理せず業者にお任せしましょう。

詳しくはこちら